シャア・アズナブル

日本もジオンの一部になってしまったのか…

シャア・アズナブルが定期券(舞浜~南船橋)を落としたらしい
RocketNews24

シャア・アズナブルといえば、人気アニメーションシリーズ『ガンダム』の代表的なキャラクターだ。主人公のひとりアムロ・レイよりも人気があるといわれているほどのキャラクターで、冷静な性格とイケメンな容姿は多くのファンを魅了している。

そんなシャア・アズナブルが、鉄道の定期券を落としてしまったらしい。その定期券は誰かに拾われて、駅員に手渡されたようだ。駅の拾得物ボードには「お名前: シャア・アズナブル / 区間: 舞浜~南船橋」と書かれている。

引用サイトにて【内容をじっくり見てみる

定期券

舞浜か西船橋あたりに潜伏中

いつの間にやら、地球はジオン軍の支配下に落ちちゃってたんですね。それも知らない間に。宇宙船にのってやってきて、ロボットで壊しまくるより、一人一人地球に送り込んでその生活に馴染ませ時を見て一気に征服する作戦遂行中だったのか、舞浜か船橋あたりに潜伏しているようです。もしかしたら、ディズニーランドで働いているのかもしれません。まさか、アノ施設自体が地球の総司令本部?とにかくシャアが日本にいることは確実になりました。

@B:「シャアさん、定期落とされたそうですが?」

シャア:「私もよくよく運のない男だな」

【@RT BOILD(アート・ボイルド)】

実写版『コブラ』のポスター

実写版『コブラ』のポスターが激カッコ良すぎると話題に
RocketNews24

『コブラ』と言えば、究極にダンディな漫画家・寺沢武一氏の代表作。1978年から『週刊少年ジャンプ』にて連載され、筒状のモノを左手に装着してサイコガンのマネをした人も多いはず。そんな『コブラ』がアレクサンドル・アジャ監督によりハリウッドで3D映画化されるというニュースは、多くのコブラファンを歓喜させた。

引用サイトにて【内容をじっくり見てみる

期待させてくれます。このポスター!!でも、寺沢武一の人気漫画のコブラといえばちょっとダンゴッ鼻が特徴的な2枚目半な顔立ちですがこちらは立派なワシッ鼻、でもカッコいいので許しましょう。さて本当に実写化されたらやはり期待はクリスタルボーイでしょうか?実写版ドラゴンボール(別モンと思えばヨシ)のようにはならないで欲しいです。でもなぁ、「ピラニア」のリメイク版「ピラニア3D」というおバカ映画の監督ですよ。
んなコト書いたら、「燃えよ!ピンポン」観たくなりました。ゲオ1本80円だからね。

燃えよ!ピンポン

【引用元をいい加減でちょっと便利な[Google Translate]を使って日本語で読んでみる
【@RT BOILD(アート・ボイルド)】

長時間の露光撮影を行うことでこんな作品ができるアソビゴコロ満載のアートです。

光の筋が人間や色々な形状を描き出すアート「ライトグラフィティ」の写真いろいろ
GIGAZINE

長時間の露光撮影を行い、その間に光源を動かしていろいろな形を描くアート「ライトグラフィティ」の写真です。車を光でかたどったり、棒人間を描き出したり、色々な写真が撮られています。

引用サイトにて【内容をじっくり見てみる

昨年の「あいちトリエンナーレ」で「トーチカ」さんがやってましたが、実際の展示作品はワタシとしてはイマイチでした(あのコマ撮り撮影の動画を穴から覗いて観るヤツ)。人は、新しい刺激を必要としますが、自分の生きている世界だけが全てではないので、こういったお祭りには今まででウケの良かった物を皆さんに披露するってのが良かったかもしれませんね。今回これを紹介するにあたり、トーチカさんの作品は次回参加の機会がありましたら今までの作品を皆さんに披露する機会があることを望みます。

【引用元をいい加減でちょっと便利な[Google Translate]を使って日本語で読んでみる

@RT BOILD(アート・ボイルド)

ピンバッチ付T-シャツ

企業説明会とか異業種交流会とかに着ていけばベストマッチングまちがいなし

イベントで着ていれば良い出会いがありそうなTシャツ『Interactees』

百式
起業家やエンジニア、VCなどが集まるネットワーキングのイベントなんかに良さそうなTシャツですよ。

このTシャツ、「私は次の人を探しています」という文字とともに、下には「デザイナー」「営業」「投資家」などが並んでいる。

そして矢印付きのバッジが付属してくるのだが、そのバッジを自分が会いたい人のところに配置すれば良いのだ。

 

このように缶バッチを「〜を探してる」とか「〜希望」のカテゴリーへ移動する

 

引用サイトにて【内容をじっくり見てみる

このシャツ1枚でサイトを立ち上げ販売している模様、起業の一歩ってこういうトコロにヒントがあるかもしれないですね。

 

【引用元をいい加減でちょっと便利な[Google Translate]を使って日本語で読んでみる

【@RT BOILD(アート・ボイルド)】

Older Posts »

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。