投稿者 artboild | 2010年5月8日

現代の円空仏か!?「うまい仏」

現在の円空仏:うまい仏【作:河地貢士】

うまい棒を巧みに彫り上げた作品さながら現在の円空仏である。

うまい棒でできた仏像、「うまい仏(ぼとけ)」
[ソース元 CNN.co.jp]

昔から日本の小さな商店で売られてきた安価なスナック菓子、駄菓子。「うまい棒」は代表的な駄菓子の1つである、トウモロコシが原料のさくさくとした棒状の菓子には、人工的なフレーバーがつけられ、小学生が自分の小遣いで買うにはちょうどいい1本10円という価格設定。
だが、アーティストの河地貢士(カワチコーシ)によると、「うまい棒」は必ずしも食べなくてもいいらしい。
金沢のギャラリーで開催された個展、「うまい仏(ぼとけ)——THE SNACK AGE」で、河地は「うまい棒」に彫刻を施してつくった「仏像」を展示した。英語名は「Tasty Buddha」。

(元記事はこちら

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。