投稿者 artboild | 2010年9月30日

アノ名画も今じゃ、こんな風に楽しめる!

ゴッホ自画像

画像加工はすべてカナダ人の美大生のSerena MalyonさんがArtcyclopedia.comの依頼で手がけたものです。

ゴッホの絵をPhotoshopでミニチュアっぽく加工、立体感のある不思議な世界にGIGAZINE

特殊なレンズを用いたティルトシフト写真や、ティルトシフトレンズの効果をPhotoshopなどの画像加工により再現したものを含め、現実の風景をミニチュアのように見せる疑似ミニチュア写真。手軽に使える画像加工ソフトの充実や、撮影した写真をティルトシフト風に変えてくれるネットサービス、レンズ交換をせずともティルトシフト風の写真が撮れるデジタルカメラなども登場していることもあって、自分でも試してみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

The Painter on His Way to Work

The Painter on His Way to Work

Snow-covered Field with a Harrow

Snow-covered Field with a Harrow

画像の加工により昔の絵画に新たな解釈を与える方法としてものすごくおもしろいと思いましたのでご紹介しました。
技術や道具の進歩で表現方法の幅が広がった分なかなかオリジナリティを出せないのが現実かもしれませんが、一つの試みとして新たな可能性を感じますね。なんだか最近流行の映像の3D化のようでもありますが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。